そんな理由で?外壁リフォームの工事をした理由のまとめ

外観が気に入らない!

外壁リフォームの工事をした理由で以外と多いのが、「色やデザインが気に入らないから」というものです。これは、新築する際に住宅会社で選べる範囲に、好きな外壁や色がなかったからというのが最も多く、建売住宅などの土地や間取り重視で購入されたかたにも多く見られます。また、購入後すぐに外壁リフォームをするかたもいるくらいです。他にも、一度外壁リフォームを経験されて、二度目のかたには前回と好きな色がかわったり、近所でみた外壁の色が気にいったなど、年数が経過するにつれても理由は変わってきます。

きれいにして貸家にするため

長年住んできた住宅は、愛着があるという人は多いです。でも、後継ぎがいなかったり、ほかに新築していたりすると「取り壊しはしたくない!」というのが本音の所です。自分達は子どもの所で一緒にくらしたり、施設に入るつもりだけど、せめて誰かに使ってもらいたい!という思いから外壁リフォームの工事をして貸家にするのです。借り手がみつかれば、税金や生活資金にあてる事もできて資産運用にもなります。

となり近所が外壁リフォームの工事をしたから

築年数にかかわらず、一番多い以外な理由です。外壁が傷んでいなくても、となり近所が外壁リフォームの工事をすると、なぜかうちも綺麗にしたい!と思ってしまう人が多いのです。ひとつの理由として、特に同じ時期に建てたところだと自分の家がしなくてはいけない時期に思えてしまうのと、見栄をはりたいという思いもでてきます。いずれにしても、外壁リフォームの工事は住宅を維持管理していくうえで大切なことですが、きちんと専門家の意見もふまえて計画をしましょう。

中古の建機のオークションでは、年式や車種などが異なる様々な建機が出品されており、新品と比べてお得に購入できる点が魅力です。