女性器整形の種類とその特徴を紹介していきます!

小陰唇縮小術の特徴とは?

女性器整形にはさまざまな方法があります。たとえば、小陰唇縮小術は女性器整形の代表的なものです。小陰唇が外に大きくはみ出している場合は下着との摩擦で痛みを伴うことがしばしばあります。こうした痛みを避けるための手術が小陰唇縮小術です。この状態を放置しておくと、大陰唇と小陰唇の間に垢が蓄積されて悪臭を発するようになる可能性があります。心当たりのある人は早急に手術を受けることをおすすめします。小陰唇の余分な部分をカットして縫合するだけなので、施術時間は30分前後しかかかりません。相場料金としては約60000円前後になります。

膣のゆるみを改善する施術もあります

また、膣のゆるみを感じている人には膣縮小注射があります。膣内の周囲にヒアルロン酸を注入することで伸びきってしまった膣を縮小させて中のサイズを狭くすることができます。注射をするだけなので、数分で終わりますし、何より安価です。1本あたり40000円から45000円程度です。ただし、半永久的な効果はありません。注入したヒアルロン酸は時間の経過とともに体内に吸収されるからです。それでも約半年程度は効果が持続します。傷跡は残る心配もありません。永久的な効果を求めるのであれば、膣縮小手術を受けることです。膣内の粘膜を切開し引き締まるように縫合することで、膣を縮小させることが可能です。出産を経験した女性や中高年女性にとても人気のある手術です。施術の料金相場はおよそ300000円から400000円です。

女性器整形とは、人と比べて形が違う、大きさが違う、色が違うなど様々な悩みを解決するために行う美容整形です。十分にカウンセリングを行った上で、患者様の要望に合った施術を行います。