お墓の管理が大変なら「墓じまい」を検討しよう

近年増えている「墓じまい」

近年では核家族化や宗教観の変化が起きていて、その影響は葬儀のありかたにも及んでいます。毎年、お盆の時期には先祖代々の墓参りをするのが一般的とされてきましたが、いろいろな事情によって「墓参りや墓の管理が難しい」と考える声が増えてきたのです。具体的には、都市部への引っ越しにより墓への距離が遠くなり、墓参りや管理が困難になるのが一例です。また、少子化の影響で墓を継ぐ人がいなかったり、子どもがいても墓を管理する負担を軽減させたいと考える親世代が増えています。結果として、管理者がいない(遠くにいて管理できない)ために荒れてしまう墓がありますが、そうなる前に「墓じまい」という選択肢を選ぶ例が増えています。墓じまいは、先祖代々の墓に区切りをつけたり、墓参りしやすい場所に墓を移す行為です。

行政上の手続きが必要です

墓じまいを行うと決めたら、法律にしたがって手続きを進める必要があります。勝手に遺骨を取り出して移すことは許されません。また、寺院の檀家になっている場合は檀家を離れる手続きが必要で、一定の料金がかかることがあります。新たに遺骨を移す墓地から「納骨許可書」をもらい、墓じまいを行う墓がある自治体から「改葬許可証」を受け取りましょう。遺骨を取り出すときは、「魂抜き(閉眼供養」と呼ばれる儀式を行う場合があります。遺族はその儀式に立ち会うのが通例です。儀式が終了すると、墓石が撤去されて墓地は更地にされます。移動先の墓地では、新たに先祖代々の墓を建ててもかまいませんし、合同墓や散骨などの選択肢もあります。墓じまいが完了すれば、墓の管理や毎年の墓参りの負担が軽減するのは間違いありません。

墓じまいの費用は解体や撤去、墓地を更地にする工事など様々な費用がかかります。費用は墓地の広さや墓石の大きさ、作業方法によって変わります。