機械設計のリードタイム短縮!CAD導入のメリット

械設計のリードタイム大幅に短縮できます

昨今の業務効率化による経費削減が求められている昨今、設計のリードタイム短縮は急務と言っていい大きな課題です。そこで、注目されるようになってきたのが、CADです。特に最近は、PC端末の性能が飛躍的に向上したこともあり3DCADの人気があります。CAD導入のメリットは、ドラフターと違いマウスとキーボードだけで製図と修正ができることです。ドラフターだと鉛筆で書いて、修正は消しゴムで消してと設計効率が良くなかったのがCADでは、PC上でワンクリックで削除、マウスで線を引き直すということが簡単に行えます。CADを導入することで、設計のリードタイムが大幅に短縮されます。今までと同じ作業時間で、他の設計案件ついても作業を進めることができ、設計の生産性は飛躍的に高まります。

部品の構造解析もCAD上で行えます

設計をしてゆくと直面するのが、部品の強度についてです。設計時には、それぞれの部品にかかる負荷から強度が十分か確認を行うのですが、部品形状が複雑であればあるほど、この強度計算の難易度は高まります。そこでCADの登場です。最近、人気の3DCADでは、どんなに複雑な部品でも構造解析を行うことができます。使い方は簡単で物理的に拘束されている部分と、負荷がかかる部分を決めるだけで、あとは自動で計算してくれます。今までは構造が複雑な部品は、構造解析専門会社に解析依頼するという選択肢しかなかったのが、自社で構造解析を行えるようになり、設計コストを大幅に減らすことができます。

水道CADとは、上下水道の配管図面や設備設計を行う際に用いられるCADシステムです。従来は人の手で行われていた設計をコンピューターで置き換えただけでなく、申請や見積もりなども行うことができます。