LED照明はどんなメリットデメリットがあるの?

LED照明のメリットとは?

LED照明のメリットで嬉しいのが、電気代節約することが出来る点です。

従来使用している電球は、消費電力量が70Wほどなのですが、LED照明は12Wになります。

電球の約5分の1の消費電力になりますので、普段よく使用する照明をLEDに変更することで大幅な節電ができて電気代負担も軽減できます。

また、一般家庭で多く使用されている蛍光灯照明と比べても50%ほど消費電力を抑えることが出来ます。

お店や会社だけでなく一般家庭でも電気代節約が出来ます。

さらにもう一つのメリットとなるのが、長寿命です。

電球の寿命は約2000時間、蛍光灯は長くても12000時間となりますが、LEDは長くて約6万時間となります。

電球に比べて約30倍、蛍光灯に比べて5倍以上の寿命となるため、交換の手間を減らせます。

LED照明のデメリットは何?

LED照明のデメリットとなるのが、設置費用がかかってしまう点です。

一昔前に比べると価格が低下してきているのですが、しかし一般家庭で多く使用されている蛍光灯タイプの照明や電球タイプの証明に比べて設置費用がかかります。

交換の手間が抑えられるメリットを持っていますが、いざ交換が必要となった場合、照明によってまるごと交換が必要となるタイプもあるため、導入や交換はお金がかかると理解しておく必要があります。

また、LEDは蛍光灯や電球に比べて広範囲に光の照射をすることが出来ず、場所によって明るい暗いの違いが出ます。

商品によって照射デメリットをカバーできる作りにされていますが、状況によって照明を増やさなければいけない場合もあるので理解しておきましょう。

LEDライトパネルは、デザインを背面からライトアップする看板です。高輝度な白色LEDチップをパネル側面に配置しています。形状はクッキリとしてパソコンのモニターのようにも見えます。